中学生だからこそメイクがしたいという人へのおすすめメイク法

中学生にメイクはいらないという人も少なくありませんが、中学生だからこそメイクがしたいという人も多いのではないでしょうか。
ここでは中学生におすすめの初心者メイクの方法を紹介しましょう。

ベースメイクは必要なの?

中学生のメイクの基本は、何といっても「ナチュラルメイク」です。
アイシャドウやアイライン、つけまつげなどはかえって不自然に見えるので注意しましょう。

また、若い肌はベースメイクをしなくてもきれいなので下地は必要ないといわれることもありますがそれは間違いです。
ベースメイクには肌を整える役割のほか、ポイントメイクの刺激を和らげたりクレンジングがしやすくなるといったメリットもあるので、ベースメイクをせずにメイクをするのはNGです。
さらに、ベースメイクを選ぶならリキッドファンデーションのように使える日焼け止め効果の高いものがおすすめです。

ベースメイクのやり方は、まずリキッドファンデーションを鼻とおでこ、頬とあごに乗せて、鼻から顔の外側にむけて手のひらで伸ばしましょう。
使う量はそれぞれ真珠大くらいで十分です。
ベースメイクの仕上げにパウダーファンデーションを使うこともありますが、必ず必要というわけではなく、ナチュラルメイクをするのならなくても構わないでしょう。
ただ、シックな雰囲気の仕上げたいならおすすめです。

ビーグレンの効果は本当?嘘?口コミや成分を徹底検証

ポイントメイクの注意点

ポイントメイクについては、それぞれいくつかの注意点があります。
まずチークですが、自分の肌の色に合ったものを選ぶことが大切です。
最初のうちは赤の強いピンク系よりオレンジ系のピンクのほうが自然な雰囲気になります。
フェイスパウダーはパフやブラシで上から軽く塗ること、また鼻から顔の外側に向けてつけるとムラが少なくなります。
アイブロウは眉山を決めることが重要、ナチュラルに見せるなら黒目の上あたりがいいでしょう。
地眉毛を活かしてアイブロウで整えるとうまくいきやすいですよ。
アイシャドウをつけるのであればまず上まぶた全体から目の下のアイホール、そして最後に下まぶたに一番濃いカラーを塗ります。
リップはあまり濃くないものがよく、色付きのリップクリームでも十分です。

美容PR:500円 エステ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です