「ケシミンクリーム」って本当にシミに効くの?

顔にできたシミは女性の大きな悩み、すぐにでも消したいと思っている人は少なくないはずです。
シミが消せると謳っている商品もたくさん販売されていますが、その中でテレビCMなどでお馴染みのものに小林製薬の「ケシミンクリーム」があります。
実際に使っている人も多いようですが、本当に効くのでしょうか。
ここでは、クシミンクリームに配合されている有効成分から効果のほどを見てみたいと思います。

ケシミンクリームの3つの主成分

ケシミンクリームに含まれる主な有効成分には3つあります。
そのひとつが、ビタミンC誘導体ともいわれるLーアスコルビン酸2-グルコシドです。
肌が紫外線を受けることで生じるメラニンの生成と広がりを抑制する作用があり、くすみがなく明るい肌にしてくれると、美白やシミ対策の化粧品において広く使われています。
ただし、あくまでもメラニンの生成と広がりを抑えるということなので、現時点ですでにできているシミを消すのは難しいといえます。

2つ目がグリチルレチン酸ステアリルという抗アレルギー作用や抗炎症作用、抗菌作用のある成分です。
効能を見るとわかる通り、炎症を抑える効果が高いためにニキビへの対処や予防にもよく使われますが、シミを消す効果には疑問があります。

3つ目がトコフェロール酢酸エステル、ビタミンEともいわれる成分です。
ビタミンEは活性化酸素を除去したり抗酸化作用が高いので、老化を防止したり若々しい肌をキープするといった働きが期待できます。
しかしながら、これもやはりすでにできてしまったシミを消す作用はないといわざるを得ません。

エリザクイーン 口コミもチェックしてみましょう。

シミ対策は長期戦

つまり、クシミンクリームはシミやそばかすができるのを防ぐことはできてもできたシミを消す効果はないといってもいいわけです。
とはいえ、メーカーはウソをついているわけではなく、きちんと「メラニンの生成を抑え、シミ、そばかすを防ぎます」と謳っているだけなので問題はないでしょう。

けれども、ケシミンクリームを使ってシミが薄くなったという口コミも見受けられます。
これはクシミンクリームに含まれるビタミンCとEの相乗効果によるものなのです。
ただ、即効性はなく、毎日塗り続けても3カ月から半年ほどのちでなければ効果を実感できないのが実情です。
シミ対策には長い期間が必要だという点を認識する必要があるでしょう。

美容PR:キューティーバスト ドンキ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です