1,500円以下で買えるプチプラ美白化粧水の口コミ

ドラッグストアや化粧品通販などで1,500円以下で購入できるというような美白やシミに効くプチプラの化粧水もたくさん出ています。本格的な効果を求めたいという人にはもしかすると物足りないかもしれませんが、それなりの効果であっても価格の安さを優先したいという人にはいいのではないでしょうか。今回は1,000円以上1,500円以上で購入できるプチプラ美白化粧水についていくつか紹介していきます。

資生堂のアクアレーベル

アクアレーベルには赤のモイスチャーローションと青のホワイトアップローションの2種類があります。比較的安いですけど資生堂が製造販売しているということもあり信頼性はあるのではないでしょうか。赤の方が多少しっとりしており、青のほうが美白成分が入っており、さっぱりした肌触りをしています。

両方とも基本的にはさらさらしているという印象を持つわけですが、すぐ区保湿されているというわけではないです。それであれば、季節によって使い分けるというようなこともできるでしょう。夏はあまりベタベタしたものを使いたくないでしょうから青を使用し、冬はすぐに乾燥してしまうために多少しっとりしている赤を使用するといいでしょう。

無印良品の敏感肌用薬用美白化粧水

無印良品は意外と化粧品関係が充実しており、その中でも敏感肌シリーズの薬用美白化粧水は200mlと400mlの2つがあります。美白有効成分はビタミンC誘導体が配合されており、日焼けによるシミやそばかすを防ぐことが可能です。ドラッグストアで購入できるわけではありまえんが、全国の無印良品の販売店やファミリーマートなどで購入することができます。ニキビの赤み跡などには効果がありますが、シミを薄くする効果は無いです。

専科 美容液から作った化粧水

美容液から作った化粧水はプチプラ化粧品ではありますが資生堂の美白化粧品ですのでそれなりの安心感はあると言ってもいいでしょう。パッケージに関しては高級感が無いという印象がありますが、美白についてはそこそこ効果があると言った口コミが多いです。美白成分としては安定型ビタミンC誘導体、保湿成分としてWヒアルロン酸とローヤルゼリーGLが配合されています。種類としてはさっぱりタイプとしっとりタイプの2種類が用意されています。

効果を確かめながらチェックをするといい

プチプラの化粧水として3つの化粧水について挙げましたが、それぞれに特徴がありますので、自分の肌質などに合わせて購入するといいでしょう。

[PR]
グルコサミンサプリ おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です